ブログ

女性の脱毛症について

秋冬は、乾燥の季節。

夏の汗による炎症から、抜け毛でお悩みの方も多いと思います。

少しでも、皆様のお悩みが改善されるように女性の脱毛症についてまとめてみました。

 

女性の脱毛症の種類

 

⚫︎女性の男性型脱毛症(FAGA

ホルモンバランスや血行不良などの要因が関係していると考えられます。男性のAGAは前頭部や頭頂部といった、頭部の一部分が薄くなる特徴的な症状が現れますが、女性は全体的にも細く薄くなります。

⚫︎女性ホルモン減少による薄毛

⚫︎経口避妊薬(ピル)

産後脱毛のようなお薬を飲み終えた後に、抜け毛が多くなる。抜けていなかった毛髪が、一斉に休止期に変わることで起こる。

⚫︎ストレス

⚫︎分娩後(出産後)脱毛症

妊娠中は、胎児を守る為女性ホルモンが多く分泌し、その一方で抑えられていた、男性ホルモンの分泌が正常値にもどることで、妊娠中に抜けていなかった毛髪が一斉に休止期に変わることで起こります。

⚫︎過度のダイエット

無理なダイエットをすると、タンパク質が不足して脱毛が起こることがあります。

⚫︎過度のヘアケア

ヘアケア商品の間違った使用法で起こります。美容師さんからアドバイスを。

⚫︎甲状腺疾患

⚫︎薬剤性

お薬の副作用で起こります。飲み終われば、髪は生えてきます。

⚫︎索引性

ポニーテールやエクステなど引っ張りによる脱毛

 

その他の脱毛症

⚫︎粃糠性脱毛

乾燥により角質が鱗状にぽろぽろ剥がれ、フケが多くなる症状。抜け毛も多くなります。

⚫︎脂漏性脱毛

過剰な脂により毛穴の詰まりや、湿疹など炎症がおこり脱毛します。

⚫︎トリコチロマニア

欲求不満やストレスが原因となり、自分で髪を抜いてしまう症状。

⚫︎円形脱毛症

毛髪を形成する毛根部に免疫反応が起こり、毛髪を作る働きが阻害されておきます。遺伝やストレスによる発症もあるが、自己免疫疾患が原因。

※隠れた病気のサインの可能性もあります。病院の受診をお勧め致します。

 

 

毛髪のしくみ

 

毛髪は頭皮の内側の『毛根』と、頭皮から外に出ている『毛幹』から構成しています。

毛包は皮膚の中で毛髪を支え、毛髪を生み出している重要な部分です。

特に毛包下部の『毛乳頭』では成長期になると、活発に細胞分裂が繰り返され、毛髪の元となる細胞を作り出しています。

毛乳頭には毛細血管が入り込んでおり、発毛のために必要な栄養素と酸素は、毛細血管によって運ばれ、それらの血管網を通して運ばれてくる栄養素と酸素をエネルギーにすることにより『毛母細胞』が増殖し分化して成長したのが毛髪です。

 

病院→発毛  美容室→育毛 

これらを、ご説明しながら

寄り添った施術を心がけております。

ご相談、承っております。

 

質問は、公式LINEアカウントからどうぞ↓

https://lin.ee/4igqLyks9

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。